家族葬における葬儀費用の概要

葬儀会社の家族葬プランにおける、大まかな構成内容を紹介しましょう。まず、基本的な葬儀を行う際の費用が当てはまります。これには、人権費やサービスを提供するにあたっての手数料、霊柩車を使って故人様を火葬場・霊安室などに移送する費用などが含まれます。

次に、お通夜・告別式の会場使用料が含まれています。ご自宅で葬儀する場合はもちろん無料ですが、家族葬プランでは、基本料金の中に会場使用料が含まれている会社が多いです。家族葬においても、通夜振る舞い・精進落としをする場合には、飲食代金が含まれます。会場使用料は無料としても、飲食代金は基本料金からは別途費用がかかる場合が多くなります。火葬費用も含まれていて、基本料金はもちろん、火葬場の会場使用料もあるため注意しておかなければなりません。プランによっては、マイクロバス・茶菓子代が含まれている場合もあります。読経や戒名をするにあたっては、僧侶へのお布施が必要です。

これらの点は、近年ではインターネットの普及によって、情報が収集しやすくなったことにより、大まかな概算を把握できるようになっています。しかし、あらかじめ葬儀会社に説明を求めてもはっきりとした答えを言わないところや、見積りを出さなかったり、大まかな概算のみを提示する業者もあります。そのため、明確な見積りを提示しないところは、別途費用を高額請求される可能性があります。

ちなみに家族葬を行う場合には、プラン料金は最低50万円ほどかかります。別途僧侶に支払う料金が最低10万円ほどかかることも考慮しておいてください。