家族葬を決めるにあたってスタッフの対応も資源です

家族葬を行う際の業者選びにおいて、料金プランや各種サービスの充実度を確認することは、一つの判断材料となります。しかし、接客及び葬儀運営スタッフの対応も貴重な判断材料となってくることに注意が必要です。いくつか紹介をしますと、事前に相談をした際に、家族葬を含めて考慮したプランを遺族様の立場にて判断してくれるところがおすすめです。特に、葬儀費用については、資料だけでは不明確なところもあり、故人様の意向もありますから、よく調べた上でより良い家族葬を行いたいところです。

しかし、遺族様の話を聞かずに、オプションばかりを提供してくる会社は、サービスの質が高くなく、葬儀を終えてから高額請求をしてくる可能性があります。また、家族葬を希望する旨を伝えていても、態度が急変してしまうような業者は選ばない方が賢明です。その他には、料金設定や見積りをしている際、細部にわたっての答えを明確に出さない業者も、注意をしておく必要があるでしょう。

なお、契約・葬儀の前に死亡診断書及び遺影写真など必要書類を渡してしまっている場合には、キャンセルが利きにくくなります。これらの資料提出を先に求めてくる業者もありますが、応える必要はありません。最終的に決定する業者に渡すようにしましょう。もちろん、一つの業者に決めてしまうことも良いのですが、複数業者を見比べておくと、サービス内容などが確認しやすくなります。

家族葬プランを決めるにあたっては、スタッフの対応も一つの大きな判断材料です。契約するまでに、細部にわたる確認をするよう心がけましょう。